スポンサーリンク



殺人犯の濡衣を着せられた一人の男が、白血病にかかった幼い娘がいることを知り、娘の命を救うために奮闘する2週間のストーリーを描いたMBC制作の感動作。主演は・・・イ・ジュンギ!!

⚫最高視聴率・・・9.5% /全16話
⚫演出 ・・・ソン·ヒョンソク、チェジョンギュ ●脚本・・・ ソ·ヒョンギョン
⚫出演者 ・・・イ·ジュンギ (チャン・テサン役)、パク·ハソン(ソ・イネ役)、キム·ソヨン(パク·チェギョン役)、リュ·スヨン(イム・スンウ役)、チョ·ミンギ(ムン・イルソク役)、キム・ヘオク(チョ・ソヒ)


スポンサーリンク



two weeks-あらすじ‐感想

映画「王の男」で中性的なコンギル役で日本でも大旋風を巻き起こし「女よりも美しい男」と称されたイ・ジュンギが、殺人犯の濡れ衣を着せられ逃亡犯となる主人公を演じた韓国ドラマ。

大まかなあらすじは、数年前別れた恋人との間に自分が知らない間に子供が産まれていて、その子は白血病にかかっている。

2週間以内に自分が骨髄移植をしなくては死んでしまうのだが、無実の罪で捕まってしまいその子のために逃亡犯となる主人公テサンの2週間を追ったお話・・・。

しかし、警察と無実を罪を着せた人物からの両方から狙われる逃亡者となるテサンが、自分の弱さと正面から向き合い、自分の無実を証明しながら、我が子のために必死に逃げる姿はドキドキハラハラもの・・・。

と、言ってもただのアクションものではありません!!

優しいテサンが元恋人と別れた経緯、父親としての父性愛の目覚め、なげやりになった人生の中で荒れてトゲトゲしていたテサンが我が子に会い癒されていく過程、見ている側もほっと笑みが浮かぶようなシーンも多く、何度もこのまま父子一緒に居させてあげて欲しいと思ってしまう・・・。

元恋人の現在の恋人がテサンを逮捕した警察官だということも、韓国ドラマらしい「狭い世間で人間関係ごちゃごちゃ」で、やっぱりか!とは思ったのですが、その「狭い世間で人間関係ごちゃごちゃ」することで、物語を複雑に奥深く厚みを持たせることになっているのだと思う・・・。

このドラマは視聴率が良いならどんどん続いて話数の増える韓国ドラマにしては16話しかないので、「視聴率悪かったのかな?」と思ったのですが、韓国ドラマ特有の中弛みと言うのでしょうか、うだうだになってしまうようなところもなく、最終話までしっかりとした作りのドラマだった。

韓国の俳優さんは演技力が素晴らしい人が多いと思う!!イ・ジュンギは表情も素晴らしくまたもちろん子役の子の演技も素晴らしかった。


スポンサーリンク




⚫韓国ドラマ「TWO WEEKS」の登場人物をキャスト、役名、役柄等で紹介!!

登場人物のプロフィールと役柄役名、出演作品の紹介/ドラマの概要、あらすじ、相関図、最新ニュース等


 〇イ・ジュンギ»チャン・テサン 役

雇われて質屋の店長をしているチンピラ。幼少の頃、自殺している母を見て、それがトラウマとなり血が怖く、人を殺せない。無口だが、純で優しく情に厚い。困っている人は見離せない性格。

生年月日:1982年4月17日生
●代表作
「犬とオオカミの時間」
「朝鮮ガンマン」
「ヒーロー」
「マイガール」
「101回目のプロポーズ」

〇パク・ハソン»ソ・イネ 役

大学時代にテサンと出会う。しかし、捨てられてしまい、娘スジンを1人で産んで育てる。

生年月日:1987年10月22日生
●代表作
「花を咲かせろ!イ・テベク」
「トンイ」
「愛は奇跡が必要」
「強敵たち」
「王と私」

〇イ・チェミ»ソ・スジン 役

テサンとイネの間に産まれる。急性白血病になってしまうが、明るく振舞い、母のイネを心配させないようにする優しさを持つ。

生年月日:2006年6月23日生

●代表作
「温かい一言」
「狂気の愛」
「黄金の虹」
「夜警日誌」
「大丈夫、愛だ」

〇リュ・スヨン»イム・スンウ 役

父は警察庁長官で、エリート。完璧主義で熱い性格。イネの恋人。

生年月日:1979年9月5日生
●代表作
「ソウル1945」
「輪廻-NEXT」
「ラストダンスは私と一緒に」
「マイ・プリンセス」
「メリーゴーランド」

〇キム・ソヨン»パク・ジェギョン 役

テサンの事を担当する検事。熱い心を持つ。テサン追跡中、味方となってしまう。

生年月日:1980年11月2日生

●代表作
「検事プリンセス」「秋の夕立」「母よ姉よ」「アイリス」
「大風水」


韓国ドラマサイト