スポンサーリンク



韓国セクシーマッスル美女「アップルヒップ美女」イ・ヨンファ障害を乗り越えマッスル大会のグランプリに!!!

「2017 MAX Q マッスルマニア・オリエント・チャンピオンシップ」でのファッションモデル女子部門・グランプリを受賞したイ・ヨンファ。
彼女は受賞スピーチで「2年前に聴覚障がいの判定を受けたときは、人生を捨てたいくらい辛かったです」と告白し、人々を驚かせた!!


スポンサーリンク



障がいを乗り越えた感動セクシー!!イ・ヨンファの経歴

慶熙大学で陶芸と産業デザインという複数の専攻を取りながらも、学生自治会の会長を歴任するほど積極的だったイ・ヨンファは、卒業後にサムスン電子、CJ E&M、MBC(テレビ局)など、韓国有数の企業でデザイナーを務めた華々しい経歴の持ち主イヨンファ。
まさにエリートとして活躍していた彼女に、ある日突然、突発性難聴が発症した…。

 

SNSにはその頃の心情を綴った書き込みが残っていた。

「昨年発症した耳管開放症で滑舌が悪くなり、息をしたり喋ったりするたびに疲れるのもやっと慣れた。それなのに、今度は突発性難聴と耳鳴がやってきた。悲しいし不便だし悔しいし、もうすべてを諦めたい。右耳なんか、なくなればいいのに」

イ・ヨンファさんにとっては、相当辛かったでしょうね…。

しかし、彼女を絶望のどん底から救ってくれたのは、他でもない運動だった。
筋肉をつけ、体作りに励むうちに新たな人生を見つけたのだ!

そしてマッスル大会の最高峰である「マッスルマニア」の出場を目指したイ・ヨンファ

 


スポンサーリンク



イ・ヨンファ(アップルヒップ美女)さんとは?プロフィール


名前:イ・ヨンファ
生年月日:1991年10月6日
年齢:27歳 ※2018年2月時点
出身地:韓国 ソウル
身長:173cm
学歴:慶熙大学校芸術デザイン科 卒業
職業:モデル・ファッションデザイナー・
タレント

なぜ今、韓国で話題の人なのか?

イ・ヨンファさんは韓国の「 マッスルマニア・オリエント・チャンピオンシップ2017」
でグランプリを受賞されたことがきっかけで
モデル業も始められました。
この大会では、引き締まった体はもちろん、
特に、引き上がったキレイなお尻がまるでリンゴ
のように見えることから「アップルヒップ」と呼ばれるようになった。

日本と比べて、韓国は欧米並みに、フィットネスや美ボディーに関心の強い国なので注目度が高いのだ!

韓国で美尻が大ブーム!  きゅっと上がった”アップルヒップ”に注目

イヨンファ(アップルヒップ)の整形カップは?声はもともと?

 

ここからは、イヨンファさんに関して更に詳しく見てみましょう。

まずは、お胸の豊胸疑惑…

これに関して、胸の豊胸では?と噂が。。でもはっきりとイ・ヨンファは

“「医学の力は借りていない。全部バストパッドの力だ。いつも厚さ5センチほどのパッドを持ち歩いている(笑)。もともと胸が小さいので、大会の時もパッドをいっぱい入れた」~”

正直で素敵です。
それにしてもこんなに上手にパットって入れられるんですね。

 

声に関しても話題に…
確かにかなり低めの声ですよね。
私は、ハスキーで素敵だと思うのですが、
ご本人は結構コンプレックスに感じていらっしゃるとか。

“「声が男みたいだという書き込みがあった。もともとハイトーンだったけど、病気になってからトーンが下がった。もともと愛嬌が多いタイプだ。私の声がいいという人もいれば、トランスジェンダーみたいだという人もいる(笑)。だから今は発声、発音、音声治療を引き続き受けている」と治療の現況を伝えた

今もなお病気と向き合い、努力を続けるお姿はすてきですね!!

そもそも、アップルヒップとは・・・

英語で”Apple Hip”
リンゴのように丸くてハリのある美しいお尻のことを言います。

韓国では2016年頃から、空前のアップルヒップブーム。
多くの人気女優や歌手などが、このお尻を目指して日夜トレーニングに励んでいるとか。

体重の減量を目的とし、単に食事量を減らしたり、
サプリなどを飲んで痩せることよりも、
日々、体を健康的に鍛えてメリハリのあるボディを作っていくことが、
女性達の間でよしとされてきているそうで…

 

 

 

韓国ドラマサイト